Tegetege note

適当にフラフラと

獲得標高と走力の関係

久々に二ノ瀬峠を上り、改めて走れなくなってきたと痛感し

 

自己分析を行う。

 

ロードバイクの走行距離と獲得標高から1kmあたりの上昇高度を

算出し、平均速度との関係を確認した。(ガーミンデータを活用)

 

   A:走行
 距離
B:獲得
 標高
 B/A 平均
速度
 km  m  m/km km/h
 2015  5,164  43,420  8.4  23.4
 2016  4,738  37,170  7.8  23.8
 2017  4,556  37,170  8.2  23.6
 2018  4,471  26,780  6.0  23.2
 2019  5,299  25,106  4.7  22.7
 2020  5,666  23,999  4.2  22.0

 

f:id:tegekaimo:20201114190446p:plain

 

ここ2年、走行距離は伸び獲得標高が低いにも関わらず

顕著な右肩下がりよう。

 

結果は残酷である。(加齢の影響と一言では済まされない)

 

 

少しでも長く、自転車を楽しむために

上りの積み重ねが必要ということがはっきりした。

 

まぁ楽しんで上ろう。