Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

蟹江LSSD

 

リュックにカメラを入れ
スタート


腰に衝撃がかかないよう小股で、息が上がらないペースで

 

刈り込まれ枯草色になった堤防を下る。
地面の凹凸が足裏を刺激する。

今まで血が巡っていなかったところに行き届き

毛細血管を再構築しているようだ

 

鳥の飛来は少しずつ増えている。
カワセミも草陰から飛び立っては見失う。
探鳥の目に慣らして行こうと
カワセミ3匹カウント

f:id:tegekaimo:20181209175438j:plain

 

f:id:tegekaimo:20181209175500j:plain

小鳥を捉えるにはまだまだ

 

 

 

久々のロング走

心地よい疲労


6:40/km  16km

様子見ポタリング


最近は寒暖差疲労という症状があるらしい。
サウナと水風呂と比べればなんてことないと思いながら
外に出る。


腰痛はだんだん良くなってきて処方された鎮痛剤はやめた。

医者からは安静にと言われているが様子を見ながら走り出す。
いきなり北風に乗って雨が飛ばされてくる。

空の明るい南へ

 

七里の渡しとスズメ

f:id:tegekaimo:20181208144140j:plain

 

伊勢湾に鵜の群れ

f:id:tegekaimo:20181208144206j:plain

 

左腰の鈍痛を解しながら

養老線を北上


天気雨に虹が架かる。

f:id:tegekaimo:20181208144231j:plain



無理せずにボチボチ行こう。


走行距離80km
Av.22.2km/h
上昇高度164m

 

静養ポタリング

 

11月中頃、腰を痛めた。
いままでの動かして治すは通用せず。
さらに整体で悪化した。


あきらめて受診して指示通りに静養 ということで
様子を見ながら近所をブラブラ

 

そろそろバードウォッチングの季節
木曽川ワイルドネイチャープラザで探鳥

f:id:tegekaimo:20181202132019j:plain

f:id:tegekaimo:20181202132048j:plain

f:id:tegekaimo:20181202132107j:plain

 

少し北上して美濃路と思われる街道を南下

イチョウの色づいた祖父江の道を下って

f:id:tegekaimo:20181202132132j:plain

萬葉公園の紅葉

f:id:tegekaimo:20181202132150j:plain

f:id:tegekaimo:20181202132208j:plain

 

f:id:tegekaimo:20181202132237j:plain




腰はなんとか大丈夫

むりせず程々に

 


走行距離57km
Av.22.0km/h
上昇高度71m

 

空高く

低い所で悪戦苦闘の日々


少しは高い所へ

f:id:tegekaimo:20181118163217j:plain

f:id:tegekaimo:20181118163243j:plain


フォークとバッタ

f:id:tegekaimo:20181118163309j:plain

 


紅葉真っ盛り 多くの人で賑わっている

f:id:tegekaimo:20181118163337j:plain

 

静かな池の畔で空を見上げる。

f:id:tegekaimo:20181118163630j:plain

 

 

 

一羽の鷹が飛び立ち

f:id:tegekaimo:20181118163427j:plain

f:id:tegekaimo:20181118163448j:plain

f:id:tegekaimo:20181118163505j:plain

旋回しながら徐々に高度を上げていく

次第に数が増え 空高く舞い

 

風を捉え渡っていくのだろう。

 

 

走行距離77km
Av.22.2km/h
上昇高度442m

 

揖斐川の一日 人生の楽園

ふと、いびがわマラソンを思い出した。

ちょうど明日11月11日本番


富有柿がたわわに実った柿畑を北上
道路わきに 4個くらい入って100円で売っている。
果物ナイフがあれば・・・とまた思う。

 

それにしても濃尾平野は広大だ。

 

やっと樽見鉄道に合流

f:id:tegekaimo:20181110203255j:plain

根尾川を遡上

f:id:tegekaimo:20181110203416j:plain

断層

f:id:tegekaimo:20181110203444j:plain

淡墨桜

f:id:tegekaimo:20181110203507j:plain


そして徳山ダムを目指す

f:id:tegekaimo:20181110203529j:plain

紅葉は終盤を迎え

f:id:tegekaimo:20181110203546j:plain


乾いた音を立て枯れ葉が舞う。

 

時折、生きているかのような音を立て枯れ葉の集団が道路を這ってくる。

f:id:tegekaimo:20181110203624j:plain

f:id:tegekaimo:20181110203644j:plain

馬坂峠のトンネルを抜けると

f:id:tegekaimo:20181110203713j:plain

落ち葉の舞いはさらに強くなった。

 

f:id:tegekaimo:20181110203739j:plain

f:id:tegekaimo:20181110203757j:plain

下って徳山ダム

f:id:tegekaimo:20181110203830j:plain

ダムが完成して10年


ダム建設のために道路が拡張され、多くのトンネルもでき
車でのアクセスが容易になった。
しかし、下流は流れが弱まり、土砂がたまって、抹茶ミルクのように濁っている。

 

根尾川とは明らかに違う。
本当に必要な事業だったのかと疑問に思う。


自転車目線で見ると、

トンネル開通により趣のある旧道が閉鎖されていることも残念だ。

トンネル内で後ろからひびく轟音を聞くたびに生きた心地がしなくなる。

 

濁った流れを下り

新しいトンネルのない揖斐川ラソンのコースに合流
ラソンが無かったら道路も閉鎖されていたかもしれない。

ラソン後半をイメージしながら
プラカードの度に減速

 

ハードな指導?

f:id:tegekaimo:20181110204030j:plain

深い谷は陽が陰り少し寂しくなってきた。

f:id:tegekaimo:20181110204052j:plain

 

f:id:tegekaimo:20181110204138j:plain

f:id:tegekaimo:20181110204202j:plain


揖斐峡を抜け

再び広大な濃尾平野を南下

 

すっかり陽が沈んだ。

 

昨年と同じコースと思っていたけど 2年前だった。


加速度的に時が過ぎていく。

f:id:tegekaimo:20181110204234j:plain

思う存分走った。

 


走行距離182.5km
Av.24.3km/h
上昇高度1013m

 

関ヶ原 ~ 結びの地

木金の 出張でエコノミー症候群になったようだ。

体の浮腫みと巡りの悪さを感じる。

 

爽やかな天気とリカバリーできる環境に感謝し

ペダルを回そう。

 

南宮大社は50年に1度の式年遷宮祭が盛大に行われていた。

伊勢神宮は20年に1回)

自分も目的と希望をもって新しい所に転居したい・・・

 

 

伊富岐神社 

f:id:tegekaimo:20181103173515j:plain

ご神木の大杉は、関ケ原の戦火にも負けず 静かに立っている。

 

平和な関ヶ原 

f:id:tegekaimo:20181103174205j:plain

f:id:tegekaimo:20181103174230j:plain

f:id:tegekaimo:20181103174257j:plain

 

f:id:tegekaimo:20181103174327j:plain

垂井の田園地帯をのんびりと走って 

f:id:tegekaimo:20181103174344j:plain

 

中山道 赤坂宿から

 

終点 美濃赤坂駅

f:id:tegekaimo:20181103174425j:plain

 

大垣市街を散策

 

城下の水門川 大変な賑わい

f:id:tegekaimo:20181103174514j:plain

たらい船が浮かんでいた。 

 

巡り巡って 結びの地

f:id:tegekaimo:20181103174531j:plain

 

終点も結びも まだまだ

 

あての無い旅は続く

 

 

走行距離112km

Av.23.3km/h

上昇高度425m

快晴

最高の行楽日和


午前中、時間をもらった。

f:id:tegekaimo:20181028182422j:plain

 

回復の泉

f:id:tegekaimo:20181028182454j:plain

f:id:tegekaimo:20181028182517j:plain


上れる元気が回復してくる。

 

f:id:tegekaimo:20181028182535j:plain

名駅のビル群が靄の中に浮かんでいる。


静かな水辺

f:id:tegekaimo:20181028182556j:plain

 

 

また1週間がんばろう。

 

走行距離72km
Av.24.4km/h
上昇高度474m