Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

犬山へ

 

西に冷たく重い雲が広がってきている。
できるだけ空が明るい方角へ

どこまでも市街地が続き信号のSTOP&GOの繰り返し

 

 

久しぶりの犬山

f:id:tegekaimo:20171119165755j:plain

 

(しゃちほこは雷に打たれ 左側が残っている)

f:id:tegekaimo:20171119165815j:plain

 

f:id:tegekaimo:20171119165849j:plain

f:id:tegekaimo:20171119165909j:plain

 

左岸を遡り

f:id:tegekaimo:20171119165934j:plain

f:id:tegekaimo:20171119170231j:plain

 

桃太郎神社に立ち寄り

f:id:tegekaimo:20171119165959j:plain

 

f:id:tegekaimo:20171119170019j:plain

イチョウの木は下に角(気根)を生やしている。

f:id:tegekaimo:20171119170051j:plain

f:id:tegekaimo:20171119170110j:plain


尾張パークウェイを抜けて入鹿池を目指そうとしたが山道に入ってしまい
結果的に池の西から時計回りに遠回り

f:id:tegekaimo:20171119170159j:plain


のどかな景色と暖かい日差しに 雨雲のことは忘れていた。

西に下って大山川沿いを南西に

だんだん冷たく重い雲が迫ってきた。
大粒の雨がウェアを濡らす。

神社でやり過ごし

何とかびしょ濡れは免れた。


不安定な天気の下、いつもと違う街並み 

たまにはルート開拓に東へも

脚を伸ばそう。

 


走行距離96km
Av.22.8km/h
上昇高度 477m

 

 

 

連日のリカバリーライド

 

今回も1号機。ホイールアクシウム+タイヤはマラソン 
もうすぐ10年になる。
軽量なバイクになれるとこれが当たり前になってくる。

楽なことに慣れるのは簡単だ。

このずっしりとした感覚が普通になるように

 

今日の天気はヒンヤリと安定 

f:id:tegekaimo:20171105175724j:plain

昨日のダメージが残っているが筋肉の芯に弾力が戻ってきた。

 

養老坂を踏み込む力が体の芯に返ってくる。

 

養老公園まで

山に蓄えられた降水量が流れ出し水量が多い

水がよどみなく流れる様子を見ていると

f:id:tegekaimo:20171105180126j:plain

いろいろなものが洗い流されるようで気持ちがいい

f:id:tegekaimo:20171105180141j:plain

 

f:id:tegekaimo:20171105180156j:plain

 

心のリカバリーが出来た気がする。

 


走行距離74km
Av.23.4km/h
上昇高度 448m

 

 

リカバリーライド

 

10/9以来 25日ぶりのロードバイク
初心に戻って1号機(ホイールはアクシウム)持ってみてずっしり重い。
ただ久しぶりなので思ったより軽く感じるが筋肉が硬直して振動が

ダイレクトにくる。

 

昨日のダメージが残っているので軽く流そう。


木曽川を越えて関ヶ原方面へ向かう予定だったが
雲行きが怪しいので南下
いなべ方面へ
暖気と寒気がせめぎあい天気は不安定

いつ降り出すかわからない。
雨雲レーダーで30分以内に雨雲通過
タイミングよくコンビニに入った直後に降り出し20分後に止んだ。

 

三機鉄道沿いを北上しようとしたが
また降り出してきたので

f:id:tegekaimo:20171104162436j:plain

鉄道沿いを南下
しばらく撮り鉄(雨が降ってきたらねじり橋でやり過ごそう)

f:id:tegekaimo:20171104162347j:plain

f:id:tegekaimo:20171104162127j:plain

上り下り1本通過した。

 

f:id:tegekaimo:20171104162253j:plain


多度を越えるころには晴れて強風が吹きだした。

風に向かって力を込めてペダルを回す。

通常見ることのないお茶の花が咲いていた。

 

f:id:tegekaimo:20171104162413j:plain

やっぱり自転車は脚に優しい。

筋肉痛になるほど追い込んでいないということだろう。

まぁ 今日はリカバリーでヨシ

 

走行距離89km
Av.23.6km/h
上昇高度 541m

11/3 京都丹波ロードレース


ロードレース 

自転車ではなくマラソンである。

 

4:50出発 7:30に会場に到着

 

 

久しぶりに休日晴れた。最高の行楽日和


公園内のクロスカントリーコース

緑が多い公園の未舗装路
近所にあったらなぁと思いながら 山上の展望台まで

気持ち良すぎて4km走った。

 

11:00スタート
自分のペースで行こうと毎回思うのだが
周りにつられ
4:30/km 今日は行けるかもしれない
3km過ぎて少し抑えようと
4:50/kmペース

(ただ普段でも出していないペース)
7kmあたりからきつくなってきた。
いつもならこのペースで押し切れるはず・・・

ただこの暑さの中、いつもより大量に汗をかき

のどが渇き給水ポイントまでが遠いこと・・

 

さらに10kmあたりからのアップダウン


繰り返すたびに脚が硬直し衝撃を吸収できなくなってきた。

脚とともに気力も削られていく

汗をかきすぎたのか

13km過ぎ両足のふくらはぎが痙攣しだし
15km 膝が曲がらなくなる時も

完走できるか怪しくなってきた。
脚がつるかつらないかの瀬戸際までペースダウン
後ろから抜かされる一方である。

こんなつらいレースは初めてかもしれない。

まさしく勝負できない選手はふるい落とされるロードレース

これもいい経験と気持ちを切り替え前に進む

 

陸上競技場に入り残り400m
トラックの地面が気持ちいい。

少しペースを上げた。

かろうじて2時間を切れた。

 

散々な結果だったけど
気持ちを切り替えて脚を作り直して
次を目指そう

 

愛車を大切に

 

11年自転車通勤を共にしてきたクロスバイク

先週くらいからBBあたりから異音が発生しだした。
もうそろそろいいだろうかと思いながら

綺麗にしてショップに点検してもらおうと 
土曜日 洗車した。

大事に乗っているのでまだまだ見た目は問題なく
年季が味になっている。

日曜日

駆動系を念入りに点検してもらい
BBはオーバーホールまでやっていただいた。

異音の原因は
 ・ペダルのゆるみ
 ・BBへの異物侵入
 などが考えられる。

 さらに
 ・BBベアリングの摩耗
・リムの摩耗
・チェーンの伸び
スプロケットの摩耗
・フロントギアの摩耗
 
一番はリムが摩耗しているので
ホイールは交換した方が良いとのアドバイスを受けた。
11年前の部品はない可能性があることと部品交換と工賃で
ミドルグレードのホイールが買えるようだ。

今回、念入りに整備してもらっているのでしばらく様子を見ることにした。

まだまだ大切に乗っていこう。

小雨 ポジション考

 

三重北西部雨 西濃は大丈夫だろうと
いつも通り西へ

雲が厚く朝露がまとわりつくような湿った空気

ポツポツと降ったりやんだり

 

立ち止まり

 

f:id:tegekaimo:20171009115625j:plain

 

最近、効率よく荷重がかかりスムーズに回転できるサドルポジションは

前よりではないかと思っていたところ

 

約7㎜前へ

ベストポジションかどうかわからないが

かなり良くなった。

 


揖斐川を渡る手前で北上
輪中堤を伝って西へ

雨雲の際を走っているようだ

降ったり止んだり

 

木曽川を越えてようやく雨が止んだ。

 

 

走り足りないので東へ

f:id:tegekaimo:20171009123349j:plain

 

自転車で清須城

 

遠く長く感じるランニングコースも自転車なら近く短い。


 

f:id:tegekaimo:20171009123554j:plain


走行距離71km
Av.24.2km/h
上昇高度 107

 

 

関ヶ原

ここで一服

f:id:tegekaimo:20171008150715j:plain

 

決戦の地

f:id:tegekaimo:20171008150748j:plain

古戦場をブラブラ回って

f:id:tegekaimo:20171008150808j:plain

位置関係が未だに把握できないが
割と狭いエリアにひしめき合っている。

 

少し中山道を西へ

f:id:tegekaimo:20171008150857j:plain

昔、往来していた人々も一休みしていた鶯の滝

f:id:tegekaimo:20171008150916j:plain

もっと先まで行く予定だったが
ここで折り返した。

 

 

 

 

 

走行距離112km
Av.24.1km/h
上昇高度422m