Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

夏から秋へ

 

子供の頃は、お盆が過ぎると涼しくなって 

夏休みとともに夏が終わると寂しい感じがしていた。

 

今日はそんな天気

田園地帯にトンボ(アキアカネ)が降りてきている。
まだ赤く色づいていない。

峠を越え 西藤原に到着

f:id:tegekaimo:20180818153749j:plain

久しぶりに自分でバーテープ交換 何回やっても握って閉まる方向に巻けず

悪戦苦闘。頭がおかしくなったんじゃないかと不安になり妻に手順を確認してもらい

ようやく原因が分かった。

ブラケットの位置で巻きが逆になることを繰り返していた。

この柄に惑わされた?

f:id:tegekaimo:20180818154129j:plain

 


トンボの数が増えてきた。

鳴谷神社に参拝

f:id:tegekaimo:20180818154234j:plain


モミジの木にサルノコシカケ

f:id:tegekaimo:20180818154252j:plain

トンボが赤く色づいている。

f:id:tegekaimo:20180818154313j:plain

ハンミョウの道案内

もうカブトムシは寿命を迎えているだろうか?
今年の猛暑は虫たちにもこたえただろう。
毎年夏の夜に高速道路を走るとフロントのバンパーやライトに虫が
びっしりこびりつくのだが今年はほとんど付いていなかった。

 

伊勢街道を北上

f:id:tegekaimo:20180818154345j:plain

大神神社 参拝

 

養老山地の東側を風に乗っての予定が、南からの向かい風が強くなってきた。

カラッとした爽やかな風

 

猛暑がぶり返さずに緩やかに涼しくなってくれるといいんだけど・・・

 

 

 

走行距離108km
Av.22.6km/h
上昇高度833m

 

8/13 四万十を下り海へ

 

今年の夏まで日本最高気温記録を保持していた江川崎をスタート
(ここまで車で運んでもらった。)


四万十川は2015年8月以来
この時は後半土砂降りに見舞われた。

 

南国高知の強烈な日差しを浴びる前に濡れていた方がいいだろう。
雨の中、走り出す。

 

間もなく雨は上がり

 

蛇行する四万十川の左岸を下る。


四万十川と言えば沈下橋

 

岩間の沈下橋 (途中の橋桁が撤去されている)

f:id:tegekaimo:20180816160000j:plain

 

f:id:tegekaimo:20180816160411j:plain


黒尊渓谷へ続く鉄橋から

f:id:tegekaimo:20180816160434j:plain

沈下橋があるたびに下って対岸まで渡る。

(川を近くに感じたくて つい渡ってしまう)

f:id:tegekaimo:20180816160506j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160640j:plain


佐田の沈下橋が最後

 

 

四万十市街(旧中村市)を抜けて

 

東側の海岸線から河口を目指す。

サーファーで賑わっていた。 

f:id:tegekaimo:20180816161813j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160724j:plain

河口(砂州

 


日差しがダイレクトに皮膚に届く

 

 

海からの風を受け遡る。

f:id:tegekaimo:20180816160754j:plain

 

f:id:tegekaimo:20180816160913j:plain


四万十大橋 欄干に赤目

f:id:tegekaimo:20180816160829j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160848j:plain


赤鉄橋

f:id:tegekaimo:20180816160943j:plain

 

右岸から佐田の沈下橋を渡って

f:id:tegekaimo:20180816161006j:plain

 

来た道を遡っていく。

f:id:tegekaimo:20180816161029j:plain

つり橋上でシューズを脱いで一休み。

f:id:tegekaimo:20180816161050j:plain

いい風が吹いている。

 

f:id:tegekaimo:20180816161124j:plain


江川崎駅に立ち寄って

f:id:tegekaimo:20180816161150j:plain

 

自走で妻の実家を目指す。

西寄りの日差しと風が強烈で手の甲が日焼けで腫れてきた。
(グローブを忘れ素手 )

水分補給を過剰気味にして


松野町~鬼北町三間町

西予市へぬける歯長峠を越えるルートを予定していた。

ところが峠道が土砂崩れで通行止め

三間町の道の駅に引き返し
無念の収容 また家族の世話になることに

 

 

なんとか迎え火に間に合った。

 

 

走行距離146km
Av.23.0km/h
上昇高度747m

 

8/12港町サイクリング

 

続く猛暑に体力も気力も消耗。
帰省途中に自転車を下ろして、実家までロングライドはあきらめた。

 

一晩休んで自転車に乗る。

 

現実を忘れ、走りながら夢の生活を想像。

f:id:tegekaimo:20180816150100j:plain


マリーナに係留した自家用の船

f:id:tegekaimo:20180816150123j:plain

その日のおかずは海で調達


とれたてのミカンをいただき

 

思う存分海岸線を走る。

f:id:tegekaimo:20180816150149j:plain

切り立った海岸線は、朝のうちは日陰が多く涼しい。

f:id:tegekaimo:20180816150213j:plain


高温が続いている影響なのか、磯の香りが強い気がする。

 

だんだん日差しが強くなってきた。

f:id:tegekaimo:20180816150239j:plain

岬の峠で折り返し

 

 

 

保内の街

f:id:tegekaimo:20180816150304j:plain

f:id:tegekaimo:20180816150324j:plain

八幡浜市街をポタリング


予土線を下り

f:id:tegekaimo:20180816150341j:plain

昼過ぎに帰宅

 

山と海のエネルギーを充填できた。

 


走行距離93km
Av.21.2km/h
上昇高度675m

シャットダウン→再起動

7/27(金)後一日がんばろうと気を引き締めて
玄関を出て自転車を持って階段を降りようとしたとき
足を踏み外し、踊り場まで転落
顔に今まで受けたことのない衝撃を受けた。
左肘と左膝も痛みがある。
耳の後ろからあごの付け根が腫れてもわっとした感じになっている。
立ち上がることはできてので、会社に行こうと思ったが
だんだん痛みが増してきたので整形外科で診てもらうことにした。

顎、左ひざ、左ひじをレントゲンで確認してもらったところ
最もダメージがあった顎の骨には異常はなく
左ひじに剥離骨折のような影が映っているとのこと。

ただ腫れがひどく神経や耳下腺や唾液腺がダメージを受けているかもしれない
しかし整形外科の専門外なので診断はできないとのこと。

耳の下、ハンドルバー(ストレート)の左端が突き当たったようで
円形の傷がくっきり後になっていた。

帰って腫れがひどくなり熱がでた。

翌朝は落ち着いた。
しかし、左ひじが腫れ、十分に曲げ伸ばしが出来ない。
昨日のレントゲンの影が気になる。 再び病院へ
「剥離骨折の可能性があります。固定するかしないかは任せますが
 迷っているならギブスしましょう。」
 なんか適当な気がする。治りが早くなるならと 
取り外し可能なギブスを装着し三角巾で腕を吊ってもらった。 
 

 翌週出社
 案の上、自転車通勤者ということで周囲の風当たりは強い。
 

 自業自得。不幸中の幸い。 
 起こったことは反省し前向きに行こう。


左手が使えないと仕事にならないのでギブスは外してテーピングと包帯に変えた


無理しなければ大丈夫で日に日に可動域も回復した。
ケガをして2日後にウォーキングで様子をみて、

3日目は軽いジョギングができるようになった。
精神的に辛抱の1週間 なんとかやり過ごした。


本当は骨折しておらず、軽い靭帯損傷だったのかもしれない。
医者の診察が間違っているかもしれないと疑うのは間違いかもしれないが
自分の感覚を信じて通院はしなかった。

8/4 9kmジョギング 
8/5 ロードバイク 転倒だけはしないように

f:id:tegekaimo:20180805133526j:plain

f:id:tegekaimo:20180805133440j:plain

f:id:tegekaimo:20180805133426j:plain

いろいろなものを水に流してリフレッシュ

f:id:tegekaimo:20180805133504j:plain

 

ひじの具合はまっすぐ伸ばしてさらに反らすと痛みがあるくらいで問題ない。

気分一新がんばっていこう。

 

走行距離72km
Av.22.3km/h
上昇高度310m

 

またここ

朝から容赦ない日差し 

f:id:tegekaimo:20180722161725j:plain

 

 

自然にここを目指す。

f:id:tegekaimo:20180722161826j:plain

 

水しぶきを浴びているうちに
どうでもよくなって

f:id:tegekaimo:20180722161853j:plain


流れ落ちるしぶきの中に一体化


最高に気持ちいい。

f:id:tegekaimo:20180722161916j:plain

 

しばらく涼んで


走行距離68km
Av.23.2km/h
上昇高度346m

 

養老回復走

ここ3週間、平日にランニングできず、

自転車通勤はしているものの、気持ちよく汗をかけていない

 

早くも夏バテ気味

 

ゆっくり休みたい、自転車に乗りたいが半々...
部屋の掃除をしたい妻の気持ちを優先し自転車に乗る。

f:id:tegekaimo:20180714122859j:plain

日差しが厳しいけど比較的カラッとした天気

ほどほどに走って

自然の中でゆっくり過ごそう。

f:id:tegekaimo:20180714122828j:plain


滝からの流れとともに瑞々しい風が吹いてくる。

火照った脚は流水で冷やし

最高のクーラー

 

菊水泉をたっぷり補給

心地よい汗をかいてリフレッシュ


走行距離68km
Av.23.4km/h
上昇高度348m