読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

多良峡-勝地峠 (野鳥救出)

 

連日時間をいただき本日も出動

高気圧が移動して少しは風も弱まることを期待したが
北西の向かい風は吹き続ける。

晴れていても辺り一面もやっていて伊吹山は見えない。

 

f:id:tegekaimo:20170319155505j:plain

梅の花も散り始め春の日差しは柔らかい。


少し日向ぼっこして

風の吹くほうへ

 

上石津トンネル東の多良峡へ

上り坂の途中に崖側でバサバサっと

f:id:tegekaimo:20170319155527j:plain

崖の金網に鳥が挟まって必死に脱出しようとしている


フクロウかと思ったが鷹のようだ。

(多分ノスリ冬場に津屋川でよく見られる鷹の仲間)


何とか助け出そうと上に誘導するも羽ばたくスペースが
狭すぎる。少し上っては落ちるの繰り返し
息が荒く徐々に弱ってきた
一度通り過ぎた年配のハイカーが戻ってきてくれた。

シューズを脱いで金網をよじ登り 挟まっている鳥の上まで
下に向かうように追い込み
待っていたハイカーの方に地面側の金網を広げてもらって
脱出!!

そして羽ばたき 

空高く舞い上がっていった。

 

二人で連携して救出成功

 


伊勢街道を南下しいなべから多度へ抜ける予定だったが。

f:id:tegekaimo:20170319160021j:plain

進路変更

f:id:tegekaimo:20170319160032j:plain


勝地峠を越え

f:id:tegekaimo:20170319160105j:plain

 

風に乗って

f:id:tegekaimo:20170319160118j:plain

 

今日も仲間が飛んでいる。 

f:id:tegekaimo:20170319160128j:plain

 

走行距離98km
Av.24.2km/h
上昇高度529m

 

関ヶ原 戦いの名残

 

3度目の挑戦


近づくにつれて風当たりが強くなる。


南雲大社に参拝

f:id:tegekaimo:20170318150322j:plain

f:id:tegekaimo:20170318150335j:plain


信号機もカーブミラーも風で揺れ

 

鯉のぼりは元気よく風に向かって泳いでいる。

f:id:tegekaimo:20170318150350j:plain

向かい風にわずかながら上り基調 いいトレーニングになる。

 

到着

f:id:tegekaimo:20170318150436j:plain

幟が風にはためく音だけが聞こえる

f:id:tegekaimo:20170318150549j:plain

 

少しぶらっと

 

関ヶ原鍾乳洞 の手前に

 

見張り用の立哨台

f:id:tegekaimo:20170318150623j:plain

陸軍の火薬倉庫跡

f:id:tegekaimo:20170318150703j:plain

山の起伏を利用し横穴がいくつもある。

 

未だに戦いの気が残る関ヶ原

 

帰りは風に乗って

 

f:id:tegekaimo:20170318150721j:plain

 

走行距離108km
Av.24.7km/h
上昇高度445m

養老山地周回

自転車

 

 風の影響を受けないように東海大橋を渡り南下
海津大橋を渡って養老線沿いを南下

 

川沿いに古い小学校の建物が

f:id:tegekaimo:20170312163324j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163345j:plain

戦前に建てられ今は廃校となっている。

 

多度大社に立ち寄って

f:id:tegekaimo:20170312163406j:plain

 

 

いつもと違うルートから いなべへ

f:id:tegekaimo:20170312163455j:plain

 

三岐鉄道 ねじり橋

f:id:tegekaimo:20170312163545j:plain

 

眼鏡橋

f:id:tegekaimo:20170312163643j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163611j:plain

 

 

にしふじわら駅を目指して鈴鹿山麓を左手に北上 

久々に遠出した感がある。

f:id:tegekaimo:20170312163711j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163728j:plain

 

 

鈴鹿山脈と養老山地の間から

真っ白な雪の塊のような伊吹山が顔をのぞかせる。

 

伊勢街道を北上

f:id:tegekaimo:20170312163919j:plain

f:id:tegekaimo:20170312164033j:plain

 

勝地峠は趣がある。

f:id:tegekaimo:20170312164053j:plain

 

山路来て何やらゆかしすみれ草  松尾芭蕉 句碑より

 文政13年(1830年建立)

何だか雰囲気が伝わってくる。

f:id:tegekaimo:20170312164113j:plain

 

 


峠を下り 伊吹山からの吹きおろしを期待するも

f:id:tegekaimo:20170312164146j:plain

南からの向かい風 

 

弱くても抵抗が大きく感じる。

 

路肩にはオオイヌノフグリ
黄色いタンポポも咲き始めた

 

津屋側の鳥たちもそろそろ帰る時期だろうか

 

 

f:id:tegekaimo:20170312164205j:plain

f:id:tegekaimo:20170312164245j:plain

 

昨年12月3日以来、久々の100km越え


走行距離117km
Av.24.5km/h
上昇高度793m

養老の滝 

自転車

まだまだ北西の風は冷たい。

 

木曽川左岸(ワイルドネイチャープラザ)から

f:id:tegekaimo:20170311142923j:plain

 

今日も関ケ原を目指す予定だったが次第に風が強くなり断念

 

養老へ

 

f:id:tegekaimo:20170311142954j:plain

f:id:tegekaimo:20170311143009j:plain

 

 

ロープウェイ降り場まで上って

f:id:tegekaimo:20170311143051j:plain


養老の滝へ下りた

f:id:tegekaimo:20170311143117j:plain

臨時カフェで一休み
滝の音を聞きながら 淹れたてのコーヒーが美味しかった。

 

梅園の陽だまりは暖かい

f:id:tegekaimo:20170311143206j:plain

f:id:tegekaimo:20170311143218j:plain

f:id:tegekaimo:20170311143227j:plain

 

いつの間にか左に傾いていたサドルを修正し5㎜高く
均等に座骨に荷重がかかるようになった。
ただわずかに高い。2㎜戻す。

 

走行距離81km
Av.22.8km/h
上昇高度509m

木曽三川サイクリング

自転車

 

 腰は慢性の鈍い痛みに変わり、抜けることは無くなった。


 ここ一週間取り組んだこと
  ・腰をかがめるときは骨盤と腰椎を繋ぐスイッチをON
  ・普段の姿勢に気を付ける。(猫背にならない)
  ・公園の鉄棒でぶら下がり自重牽引
  ・蹲踞ストレッチ
  *早歩きも今後取り入れよう。
 土曜日24kmランニング その後も問題は出なかった。

 

 ロードバイクはまだ不安がある。

 疲れがたまると左腰がこって痛みが出る。

 左腰の痛みは疲れが蓄積すると帰りの自転車通勤時に出ていた。
 多分痛みによる偏ったペダリングが影響しているのかもしれない。

 

 今日も左腰痛が蓄積するたびに停止して腰のストレッチ

 

 f:id:tegekaimo:20170305165430j:plain

 桑名へ下って養老線沿いを北上

 

 

 日々の心掛けを

 積み重ねて整えていこう。

f:id:tegekaimo:20170305165446j:plain

 

走行距離81km
Av.24.5km/h
上昇高度171m

犬山ハーフマラソン完走

 

 

腰痛の不安を抱えたまま家を出た。

ウォーミングアップもかねて歩きと電車で

気を抜くと腰抜けになるので上半身がガチガチ

 

今日は犬山へ家族3人遠足と気分を切り替え

駅にとまるたびに犬山へ向かうランナーが増え

気分が高ぶってきた。

 

犬山到着 駅から降り立つのは10年ぶりだ。

城下町の風情はいい、そして最高のマラソン日和

 

開会式の後、準備運動はエアロビだった。

もともとリズム感はないが体が固まって余計手と足がちぐはぐ

みんな上手に踊っている。

へたに動かしすぎても良くないので まぁいいか

 

今年で39回目ハーフマラソンの大会で1万人超 

万全でないけど気分は開き直っているので雰囲気にのまれることはない。

スタートは初陣/つわもの/猛者/豪傑と別れてスタート それでも

スタートから終始ランナーでいっぱいの中のレース

逆に流れに沿って無理せず走り出しそのままゴールした。

途中凝り固まった肩を回そうとするとバランスが崩れて危ない時もあったが

昨日図書館で借りた「ギックリ腰は尻から治す」が非常に役に立った。

腰のスイッチを入れ上半身と下半身の連結がズレナイように意識することで

何とか完走できた。

 ペースもほぼフラット

0-5km   26:44

5-10km  25:01

10-15km  24:28

15-20km  25:01

 

最後の1kmはペースアップ4:40/kmで

 

  

 今回も走っていたピエロの背中に書いてあった文字に励まされた。

 「今 走れることに感謝!!」

 

走れるかどうかわからない中で完走できて良かった。

 

 

体を整えてまた走り出そう。

 

 

 

腰痛発症

 

2/20(月)夕方より左腰に張りを感じ、

痛みで腰がやや左に曲がった状態で2/24(金)まで

残業続きの1週間を耐え忍んだ。

ただ、昨日 椅子から立ち上がる瞬間

腰の骨が抜けたような違和感を感ずること2回、

そこから普通に歩けるまで持ち直すもヤバい状況である。

 

 

 

2/25(土)晴れ風も無い (もったいない・・・)

整形外科へ 事前に片道2km早歩きで予約しておいたので

速やかに診察に入った。

昨年9/17診察時のレントゲン画像と比較して

・下から3番目の椎間板の厚みが減っていた。現在40%減っているそうだ。

・骨棘の成長も見られた。

・前回厚みが減っていた2番目は変わっていなかったが骨が少し

 痛んでいるようだった。

・足の可動は問題ない。 

受け入れなければならない現実とわかっていながらもショックである。

ここ3カ月、仕事もトレーニングもオーバー気味だった。

そのわりには、ストレッチや筋トレを怠ったことも原因かもしれない。

今後は無理なストレッチは避けた方が良いと指導された。

 

痛み止めを打つか迷ったが前回の診察と同様湿布で様子を見ることとした。

 

 

明日のハーフマラソンに走れるか怖くて聞けなかった。

 

自分の体と相談して決めよう。