Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

脚は重く気持ちは軽く

 

走り込みの疲労が蓄積されて脚が重い。

 

養老公園までの上りがきついきつい。


自転車じゃなくランニングの脚になっていることにしよう。

 

f:id:tegekaimo:20190217141258j:plain

 

帰りは12-3時の位置で踏み込み高ケイデンスを維持して

 

f:id:tegekaimo:20190217141316j:plain

 

 

 

走行距離72km
Av.22.8km/h
上昇高度304m

祭り前日

 何年か前、祭り当日の朝、雪の降る中走った。

 

前日の朝、雰囲気を味わいに

f:id:tegekaimo:20190216171558j:plain

近所の人や知り合いも出ている。

誘われたこともある。

 

 

世の中、いろいろな厄をしょい込んだ人たちが溢れているのだろう。

 

祭りで発散する人もいれば、一人で走る人もいる。

 

 

来週の本番にむけて

 

ハーフの距離を走る。

 

走行距離21.2km 6:18/km 

多度三度

 

昨日の30km走の疲れはほとんどない。

 

訳あって3週連続 

 

何度も上れば健脚になれるだろう。


今日は、ハイキング

上りは健脚コース 直線的な杉林の急登 

f:id:tegekaimo:20190210133752j:plain

登山気分を味わいながら

息を切らさないように
時々開けたところから太陽に照らされた木曽三川の眺め

f:id:tegekaimo:20190210133809j:plain

f:id:tegekaimo:20190210133826j:plain

 

山頂公園からの眺め

f:id:tegekaimo:20190210133849j:plain

 

帰り道は
先週、上りで走った瀬音コースを下って

 

断層から?湧水が滴り

f:id:tegekaimo:20190210133957j:plain

みずみずしい黄緑

f:id:tegekaimo:20190210134044j:plain

 

午前中に切り上げる。

再度多度山

 

先週、多度大社へお詣り
近くのお米屋さんで軽く食事をした後、走り出したが
お札やおまもりをそこに忘れてしまった。

1週間預かってもらって

今週もお詣りへ 

f:id:tegekaimo:20190202172525j:plain

ヒンヤリとしたいい天気

 

再び心を新たに

 

走り出す。

f:id:tegekaimo:20190202172555j:plain

初めてのコースへ


イカーとトレイルランナー、マウンテンバイカ

f:id:tegekaimo:20190202172618j:plain

f:id:tegekaimo:20190202172637j:plain

 

急な登山道はなく足場もさほど悪くない。

いいコースだ。

f:id:tegekaimo:20190202172658j:plain



7kmほど走り山頂公園に到着

天気が良く小鳥のさえずりが耳に心地よい。

下って

f:id:tegekaimo:20190202172732j:plain

木曽三川を渡る。

f:id:tegekaimo:20190202172803j:plain

 

また名鉄に乗って帰りたくなる気持ちを抑え

 

二駅分走って


山を上って下って気持ちよく疲れた。

 


24.5km 6:49/km 上昇高度671m

名古屋港ポタ

北風と雪雲を避け南へ

庄内川の河口

f:id:tegekaimo:20190127172343j:plain

藤前干潟は現れず

 

さらに南下

f:id:tegekaimo:20190127172400j:plain

f:id:tegekaimo:20190127172429j:plain

f:id:tegekaimo:20190127172441j:plain

 

 帰りは北風がより強く 

f:id:tegekaimo:20190127172508j:plain

慣れない市街地を走る。

 

やはり緑が多く信号の少ない いつものコースがいい。

 

走行距離51km

Av.19.7km/h 上昇高度137m

多度山RUN

 

天気予報は晴れ

 

養老山地の北から雪雲が流れ込み

雪の降る中、多度大社へお詣り

f:id:tegekaimo:20190126172233j:plain

 

昨年に続き 帰りは走って

 

まだ雪が降っている。


幸い多度山頂公園を目指す途中、雪は上がり青空が広がってきた

f:id:tegekaimo:20190126172318j:plain



上りは無理せずに淡々と

 

山頂公園から

f:id:tegekaimo:20190126172358j:plain

風が強く空気が澄んでいる。

f:id:tegekaimo:20190126172428j:plain

下りは多少衝撃が掛かっても気にせず
(骨の破壊と再生を促すよう)

f:id:tegekaimo:20190126172504j:plain

 



木曽三川を渡って振り返ると

f:id:tegekaimo:20190126172619j:plain



多度山は雪で見えなくなり
冷たく強い北風が斜め下から吹き上げ
帽子が橋の下へ吹き飛ばされた。
運良く駐車場に落ちて回収できた。

しかし雪雲がせまり吹雪に飲み込まれる。

たまらず道の駅へ避難

 

雪が弱まってから最寄り駅を目指し再スタート 

 

近くに電車が通っていて良かった。

佐屋駅から名鉄に乗って帰宅。

 

 

今年も降りかかる苦難を楽しんで・・・

 

19.5km 6:40/km 上昇高度472m