Tegetege note

適当にフラフラと

自転車

柔軟に緩く 祖父江銀杏

山へ向かう。 途中、赤や黄色に惹かれ北に流れ 気になる所で立ち止まり 祖父江の銀杏 旬のもので滋養を 適当な数を封筒に入れ レンジで1分 何個か殻がはじけ出来上がり 鳥のさえずりが心地よい バードウォッチングの季節になってきた。 望遠一眼をかまえたカ…

獲得標高と走力の関係

久々に二ノ瀬峠を上り、改めて走れなくなってきたと痛感し 自己分析を行う。 ロードバイクの走行距離と獲得標高から1kmあたりの上昇高度を 算出し、平均速度との関係を確認した。(ガーミンデータを活用) A:走行 距離 B:獲得 標高 B/A 平均 速度 km m…

末端まで巡る

上り坂に差し掛かり脚に力が入らず全く上れない。 いつの間にここまで筋力が落ちていたのか? そんな夢で目が覚めた。 峠に脚が向かわず、川沿いの平坦なコースがほとんど であるが、平均速度は下がっている。 二ノ瀬峠 今年2回目 気負わず出力最低限を心掛…

行基寺 羽根谷  

最近、よく眠れている。そのかわり朝も眠い。 手足が鉛のような重たさで動きたくない。 身体が正常に近いリズムを取り戻し 体が冬に備えているのだろう。 前向きに出発 山に近づくにつれ身体が少しづつ軽くなってくる。 ひと上り 行基寺 下って また上る。 …

ブラリ美濃

岐阜公園は菊祭り 長良橋の下 川幅いっぱいに網が張られ 鮎は産卵するため河口に下る。 網の近くで群れが大きくなったところで漁師の一人が 水面を叩き、もう一人が待ち構え網を投下 何匹、海に下り産卵し 新しい命は遡上できるだろうか? 旧道を北上 武儀川…

木曽川ブルー

多分1年で最も快適なサイクリング日和 朝起きてご飯を食べてから15分だけ二度寝して出発 笠松まで出て今日のコースを考える。 木曽川を遡ろう。 扶桑緑地はなかなかいい 散歩の人が多いのは分かる気がする。 のんびりと犬山まで 八百津亀喜屋でお土産と栗入…

琵琶湖に漂着

行先は決めていない。 風が弱い朝の内に、できるだけ西へ向かう。 ついこの前までボトルの水をかぶりながら走っていたと思ったが すっかり晩秋の風である。 年々ちょうどいい天気が少なくなっている気がする。 積み重ねた歳のせいかもしれない。 今日の一日…

八百津くりきんとん

先週の汗ばむ陽気から急激な冷え込み 年々変化に柔軟でなくなっている身に応える。 少しでも変化に慣れよう 最短で犬山へ行けるよう新しいルートを知らない道は長く感じる。 ようやく一宮を抜け極楽寺公園に着き 木曽川左岸を遡る。 初めて扶桑緑地公園に入…

犬山メンテライド

ここ2週間、不眠のスパイラルに陥っていたが、金曜の晩から 土曜日にかけて十分に休養が摂れ何とか脱出できそうだ。 少し休みすぎたのか朝起きて、頭痛と吐き気がする。 身体がまだ休めと言っているのか? 2時間ほど横になり少し収まった。 久々のいい天気…

名古屋 散歩

10/3 買い物がてらクロスバイクで セントラルパークはすっかり様変わり 昼前に帰宅 31km 17.5km/h 夕方RUN 色々あって10日ぶり ラスト3kmは少し追い込んで 10km 6:13/km ------------------------------------------------------------- 10/4 ロードバ…

彼岸花

猛暑が長引いた影響か 満開の時期が後ろにずれているようだ こちらは身体のリズムが崩壊している。 出かける気があるだけ良しとしよう。 走行距離 67km 平均速度 23.0km/h 上昇高度 141m

各務原 迫間不動

爽やかな秋空 久しぶりにリュックを背負って 笠松から木曽川右岸を走り 各務原市街のだるま堂で豆大福調達 この辺りの地形は面白い 適当に観察しながら走ろう。 河岸段丘だろうか台地の縁にチャートの岩肌各務原パークウェイから迫間不動まで 下って中山道…

関ヶ原往復

北北西の風 だいぶ涼しい 向かい風だがチェーン交換パワーロスが減ったようだ。 少し楽に感じる。 草むらからコオロギの鳴き声 道にはトノサマバッタがスタンバイ 彼岸花が芽吹き ようやく秋めいてきた。 九里半街道を北上 トンボの顔ぶれは変わったが、以…

洗濯

坂を上り 洗い濯ぐ ゆらぎに溶け込む 走行距離 75km 平均速度 21.6km/h 上昇高度 431m

台風10号接近

いつも立ち寄る自販機にアマガエル7匹 次の自販機には虫がたくさんこびりついている。 最初の自販機が綺麗だったのは 夜間、明かりに寄ってくる虫たちをカエル達が 食べていたに違いない。 関ヶ原のトンボ池 ここでは蚊に刺されない。 成虫はトンボやカエ…

残暑真っ盛り

猛暑日は途切れ途切れになったものの湿気が高い日が続く どちらかというとこっちの方が体にはきつい。 弱い北風からやや強い南寄りの風に変わる予報 陽が高くなって帰りの向かい風に耐えられそうにないので 朝の内に南に向かう。 身体も重いがバイクもオー…

飲む点滴

爽やかな空 陽射しはジリジリ、風はなく、湿気がまとわりつく 今シーズン、暑さ対策に 首に湿らせたBuffを巻き氷を忍ばせ ボトルの水にハッカ油を2~3滴 頭から振りかけても飲んでも良し そして、 なかなかラインナップに入っている自販機は少ないのだが 見…

川原町

昨夜の雨で 今朝はだいぶ涼しい。 草むらからコオロギの鳴き声が聞こえる。 川原町を散策 ツクツクボウシが勢力を増し カマキリがしっかり食べて 季節が移り変わる。 うまそう 走行距離 80km 平均速度 22.2km/h 上昇高度 143m

3連続 ゆらぎの池へ

連日の猛暑で疲労が積み重なり左腰に痛みが出る。 痛みで腰が左前に曲がってしまう。 ペダルを回して巡りを良くしよう。 休み休み腰を解しながら 南宮山麓を左回りに そしてまた ゆらぎに浸る。 腰の痛みを忘れ、また長居してしまい すっかり陽とともに気温…

ゆらぎの池へ

木陰に涼しい風が流れ よく見るとあちらこちらに顔を出している。 そしてトンボたち ゆらぎが心地よい 折り返し 西からの熱風に乗って 日陰で休み休み 走行距離 88km 平均速度 26.0km/h 上昇高度 328m

十九女池 トンボの楽園

お盆をこちらで過ごすのは初めて 早朝出発して昼間に山深い道を走り夕方帰るロングライドを予定 桜島を拝み 九里半街道 関ヶ原に入り 脇道に逸れ 新幹線を眺めよう。 スイレンとコウホネ トンボ達に惹きこまれる。 読めない飛行、ゆらぎが心地よい。 水辺で …

多度峡

陽が高くなる前に背割り堤を南下 自然に水辺に脚が向かう。 クールダウン+水流マッサージ 猛暑が続くが、今日は空気の流れがあって まだ大丈夫 無理せず早めに帰宅 走行距離 85km 平均速度 24.5km/h 上昇高度 164m

熱気を流す  

暑く湿った空気が停滞。 身体にも熱気が滞り淀んでいるようだ。 川に沿って西へ南へ 長良川河口堰 流れは堰き止められているが、風は流れている。 桑名から 回すペダリングを意識して 多度峡へ 今年の天然プールは無い、 程よく冷たい流れに ヒンヤリとした…

またここ

太平洋高気圧が張り出し、その上に大陸高気圧が覆いかぶさり 蓋をしているそうだ。 濃尾平野は鍋の中だろうか 熱気で もやっている。 涼を求め また ここ 水浴びの後、自転車まで戻ると さっき水くみ場で言葉を交わした地元の方に、再び声を掛けられ 「1週…

上石津 明覚寺

南へ向かい川沿いを走りながら ふと 諸行無常 という言葉が浮かんできた。 この瞬間、この景色、自分自身、何もかも移り変わっていく 昨日、日差しにやられ、いつにも増して頭が混沌としているのだろう。 水分と塩分をしっかり を心掛け 桑名から多度を越え…

8/1 梅雨明け

遠くに出かけようと西へ向かう。 どうも調子が悪い。 途中 避難 水しぶきを浴び、ふくらはぎをマッサージ ひんやりした そよ風が気持ちいい 1時間ほどまったりと過ごす。 長雨でサルノコシカケの勢いがでてきたようだ。 一進一退 なんとか調子を取り戻し、…

桜島

時折小雨がぱらつく中、養老方面へ まさか桜島を拝めるとは 薩摩義士へ感謝を込めて 戻いがないやはんじ御無念ごあしたろ 桜島ぁおまんさぁ方の気高き魂っが 噴っ出い如っ 今もこげな風ごあんど 島津修久 書 (戻れなかった事は御無念だったことでしょう 桜…

円原伏流水 後1km

北へ 大桑城の麓からはじかみ林道を越えて 武儀川を遡る。 水が増えても冷たさは変わらず澄んだ流れ 脚を入れ1分が限界 神崎川から分かれ 円原川伏流水を目指す ところが 後1km、土砂崩れにより通行止め すぐ近くの川に降り 再びクールダウン 清冽な流れ…

前線南下

こんなに降り続く梅雨は記憶にない。 雲の隙間に青空 下がった前線に向かって風が吹く 逆らわず南下 クマゼミの声がする。蝉が鳴き始めると梅雨明けが近いそうだ。 (梅雨明けを知らせるのはアブラゼミかニイニイゼミらしい) 木曽川河口付近も水位が高く流…

グラベルバイク

グラベルバイクが欲しいと思い始めて かれこれ4年くらい経つだろうか パン屋に行った帰りに ショップに立ち寄って話しを聞いてみた。 試乗して本気で手に入れたいと衝撃を受けたようで、その思いが伝わって来た。 トップストーン レフティ サドルに跨がらせ…