Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

小春日和 リカバリーライド

金曜日未明 東京に向かう途中
ラジオから尾崎豊の十五の夜が流れた。
11/29は彼の誕生日 
生きていたらどんな歌をうたっているのだろう?

五十を前にして精神は未だに十五の夜


2日間、夢の国
ここには人が集まり、自分たちもここにいる。

f:id:tegekaimo:20191201195512j:plain

海の向こうに雪化粧した富士山  

f:id:tegekaimo:20191201195540j:plain

 


現実に戻り 

日曜日 冬らしく身の引き締まる朝、最高にいい天気

f:id:tegekaimo:20191201195608j:plain


気の赴くまま南下。

f:id:tegekaimo:20191201195641j:plain

 

海を見ながら日向ぼっこ

f:id:tegekaimo:20191201195714j:plain

 

f:id:tegekaimo:20191201200319j:plain

 

f:id:tegekaimo:20191201195746j:plain

f:id:tegekaimo:20191201195810j:plain



桑名の佃煮屋さんでおにぎりを補給

f:id:tegekaimo:20191201195841j:plain

 

九華公園で水鳥を眺めながら 早めの補給

 

f:id:tegekaimo:20191201200341j:plain

f:id:tegekaimo:20191201200401j:plain

作りたて  ふんわり温かい。

 

 

木曽川大橋上空

 

ミサゴが上空から魚を狙っている。

f:id:tegekaimo:20191201200450j:plain

 

冬になり、確認できる鳥が増えてきた。

まだまだ鳥をとらえるには慣れが必要


乗っているより休憩している時間が長かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新聞のコラムに心に染みる記事が
「冬憶ふまじ今紅くナナカマド」 
 季節が冬に向かうのが分かっているから小春日和に寂しさがよぎる
 どんな人も人生の冬に向かっている。
 冬に備えてその日その日を一生懸命過ごせば、心安らかでいられると
 小春日和に感じるように、少し寂しいと思う程度にして、

 つらいことばかり考えるのはよそう・・・・ と 

 

前向きに行こう。

 


走行距離80km
Av.22.5km/h
上昇高度270m