Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

9/1 乗らない乗鞍

 

ロードバイクに乗り始めてから初めて

自転車を積まずにきた。

準備の手間もかからず

心と車の積載スペースにも余裕がある。

のんびり出発して昼頃到着 (8:30出発 12:30前着)

 

番所のおじいちゃんとおばあちゃんがやっている食事処へ
毎度、素朴で懐かしい味

ゆっくりと味わう。

 

家族は観光センターへ 僕は傘を持って歩く。


目的地は、行ったことのなかった番所大滝へ

 

崖を降りる。

f:id:tegekaimo:20180903170104j:plain

f:id:tegekaimo:20180903170124j:plain

雨のおかげで迫力満点

 


遊歩道を上流へ向かい

f:id:tegekaimo:20180903170150j:plain

f:id:tegekaimo:20180903170212j:plain


いがやレクレーションランド沿いを歩いて観光センターへ

いがいと遠い。

 

のんびり歩こう。

f:id:tegekaimo:20180903170229j:plain


宿にチェックイン


ヒルクライムが終わり、雨の週末

f:id:tegekaimo:20180903170251j:plain


こんな静かな のりくら もいい

 

かけ流しの温泉につかり

夏の疲れを癒し

 

夕食まで時間があったので5時過ぎから また散歩

一ノ瀬園地へ抜ける白樺の小径へ

 

熊除の鉄管

3回ほど鳴らして カンカン カーンと静かな森に響き渡る。


ひとより熊と出くわす確率が高い雰囲気

 

遊歩道に所々水が流れ

f:id:tegekaimo:20180903170328j:plain


小大野川の流れも勢いを増している。


オルガン橋を渡ってしばらく歩くと

 


前から外国人の女性が一人

挨拶を交わすと道を尋ねられた。日本語はしゃべれないとのこと。
幸い、英文のウォーキングマップを持っていて
「宿泊する宿に帰りたい。行き方を教えてほしい」
ただヒアリングはできてもうまく説明できず。
夕方5時を回っていて薄暗くしかも雨

引き返して宿まで案内させてもらうことにした。
片言の英語で少しだけ言葉を交わした。


フランスからきて
宿から善五郎の滝~牛留池~一ノ瀬園地とぐるっと回ってきたそう


帰って妻に このこと話したら、
「観光センターのトイレに携帯を置き忘れて、
案内所に届いてないか確認に行ったときに
届けてくれた人が外国人の女性だったよ。

ひょっとしたら同じ人かもしれないよ!恩返しができたね。」

 

f:id:tegekaimo:20180903170354j:plain

 

無事、宿まで送り届けられてよかった。

 

もう一度 白樺の小径から一ノ瀬園地まで散歩して

 

 


その日はぐっすり眠ることができました。