Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

8/13 四万十を下り海へ

 

今年の夏まで日本最高気温記録を保持していた江川崎をスタート
(ここまで車で運んでもらった。)


四万十川は2015年8月以来
この時は後半土砂降りに見舞われた。

 

南国高知の強烈な日差しを浴びる前に濡れていた方がいいだろう。
雨の中、走り出す。

 

間もなく雨は上がり

 

蛇行する四万十川の左岸を下る。


四万十川と言えば沈下橋

 

岩間の沈下橋 (途中の橋桁が撤去されている)

f:id:tegekaimo:20180816160000j:plain

 

f:id:tegekaimo:20180816160411j:plain


黒尊渓谷へ続く鉄橋から

f:id:tegekaimo:20180816160434j:plain

沈下橋があるたびに下って対岸まで渡る。

(川を近くに感じたくて つい渡ってしまう)

f:id:tegekaimo:20180816160506j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160640j:plain


佐田の沈下橋が最後

 

 

四万十市街(旧中村市)を抜けて

 

東側の海岸線から河口を目指す。

サーファーで賑わっていた。 

f:id:tegekaimo:20180816161813j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160724j:plain

河口(砂州

 


日差しがダイレクトに皮膚に届く

 

 

海からの風を受け遡る。

f:id:tegekaimo:20180816160754j:plain

 

f:id:tegekaimo:20180816160913j:plain


四万十大橋 欄干に赤目

f:id:tegekaimo:20180816160829j:plain

f:id:tegekaimo:20180816160848j:plain


赤鉄橋

f:id:tegekaimo:20180816160943j:plain

 

右岸から佐田の沈下橋を渡って

f:id:tegekaimo:20180816161006j:plain

 

来た道を遡っていく。

f:id:tegekaimo:20180816161029j:plain

つり橋上でシューズを脱いで一休み。

f:id:tegekaimo:20180816161050j:plain

いい風が吹いている。

 

f:id:tegekaimo:20180816161124j:plain


江川崎駅に立ち寄って

f:id:tegekaimo:20180816161150j:plain

 

自走で妻の実家を目指す。

西寄りの日差しと風が強烈で手の甲が日焼けで腫れてきた。
(グローブを忘れ素手 )

水分補給を過剰気味にして


松野町~鬼北町三間町

西予市へぬける歯長峠を越えるルートを予定していた。

ところが峠道が土砂崩れで通行止め

三間町の道の駅に引き返し
無念の収容 また家族の世話になることに

 

 

なんとか迎え火に間に合った。

 

 

走行距離146km
Av.23.0km/h
上昇高度747m