Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

シャットダウン→再起動

7/27(金)後一日がんばろうと気を引き締めて
玄関を出て自転車を持って階段を降りようとしたとき
足を踏み外し、踊り場まで転落
顔に今まで受けたことのない衝撃を受けた。
左肘と左膝も痛みがある。
耳の後ろからあごの付け根が腫れてもわっとした感じになっている。
立ち上がることはできてので、会社に行こうと思ったが
だんだん痛みが増してきたので整形外科で診てもらうことにした。

顎、左ひざ、左ひじをレントゲンで確認してもらったところ
最もダメージがあった顎の骨には異常はなく
左ひじに剥離骨折のような影が映っているとのこと。

ただ腫れがひどく神経や耳下腺や唾液腺がダメージを受けているかもしれない
しかし整形外科の専門外なので診断はできないとのこと。

耳の下、ハンドルバー(ストレート)の左端が突き当たったようで
円形の傷がくっきり後になっていた。

帰って腫れがひどくなり熱がでた。

翌朝は落ち着いた。
しかし、左ひじが腫れ、十分に曲げ伸ばしが出来ない。
昨日のレントゲンの影が気になる。 再び病院へ
「剥離骨折の可能性があります。固定するかしないかは任せますが
 迷っているならギブスしましょう。」
 なんか適当な気がする。治りが早くなるならと 
取り外し可能なギブスを装着し三角巾で腕を吊ってもらった。 
 

 翌週出社
 案の上、自転車通勤者ということで周囲の風当たりは強い。
 

 自業自得。不幸中の幸い。 
 起こったことは反省し前向きに行こう。


左手が使えないと仕事にならないのでギブスは外してテーピングと包帯に変えた


無理しなければ大丈夫で日に日に可動域も回復した。
ケガをして2日後にウォーキングで様子をみて、

3日目は軽いジョギングができるようになった。
精神的に辛抱の1週間 なんとかやり過ごした。


本当は骨折しておらず、軽い靭帯損傷だったのかもしれない。
医者の診察が間違っているかもしれないと疑うのは間違いかもしれないが
自分の感覚を信じて通院はしなかった。

8/4 9kmジョギング 
8/5 ロードバイク 転倒だけはしないように

f:id:tegekaimo:20180805133526j:plain

f:id:tegekaimo:20180805133440j:plain

f:id:tegekaimo:20180805133426j:plain

いろいろなものを水に流してリフレッシュ

f:id:tegekaimo:20180805133504j:plain

 

ひじの具合はまっすぐ伸ばしてさらに反らすと痛みがあるくらいで問題ない。

気分一新がんばっていこう。

 

走行距離72km
Av.22.3km/h
上昇高度310m