Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

山へ

 

 土曜日、前線通過に伴い雨雲が迫りくる中、

 山へ
 メンバーは3人
 宇賀渓キャンプ場スタート竜ヶ岳を目指します。
 一人は会社の同僚 2年ぶり
 もう一人は2年前ここで知り合った青年

 

f:id:tegekaimo:20180414190849j:plain


 久しぶりの山登りだけどいい意味で久しぶり感はない。
 山を歩く仲間は相性が大切。

 天気が崩れる過程でまた予期せぬ事態で決断が必要になることが
 多くあるからです。

 登山届を出す前にコースを決めて

f:id:tegekaimo:20180414190922j:plain

 新緑と春の花、爽やかな空気に足取りは軽く

f:id:tegekaimo:20180414190945j:plain

 滝の空気と小鳥の鳴き声に心弾ませながら
 高度を上げます。

f:id:tegekaimo:20180414191012j:plain

 案内板の数字を確認しながら足を進め
 時折、登山道を見失うことがあってもすぐに確認しあい

 途中、沢を進みながら道を外れたことに気づき、目印を見つけたので
横着し登山道でない斜面を登ろうと
右手で岩をつかんで上がろうとしたとたん
 岩が崩れ

 とっさに左側に避けながら後ろに倒れた。
 その時左足首を岩が通過
 
幸い足首は繋がっていてぐるぐる回せる。

後続のメンバーも無事
正直生きた心地がしませんでした。

動揺もあったのか
当初予定していた表道登山ルートの看板を見逃し
砂山ルートに入ってしまい。
 高度も上げていたので引き返すのも、
そして雲行きが怪しい
 さらに僕が負傷(歩けるがスピードを上げられない)
 3人の意見は一致
 予定変更 

砂山周回ルートへ

f:id:tegekaimo:20180414191044j:plain

 

f:id:tegekaimo:20180414191105j:plain

f:id:tegekaimo:20180414191125j:plain

 
 しばらくアップダウンが続き、大粒の砂で足場も不安定
 下りの衝撃が足首に響く

 ペースダウンしてもらい時々待ってもらいながら
3人でコース番号を確認して前に進みます。

 登山道に咲くつつじやイワカガミに癒されながら
 

f:id:tegekaimo:20180414191147j:plain

f:id:tegekaimo:20180414191207j:plain


 生還 ほぼ同時に雨が降り出し

 

 次の山へ と約束して帰路につき

 久々に山の怖さが身に沁みました。