Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

8/12 四万十川 上流への旅

 

連日の四国のみち

 

松野町 虹の森公園スタート

 

 

愛媛県は、大変自転車に力が入っていると感じます。

 

白線の内側にサイクリングルートを示す水色のライン

 f:id:tegekaimo:20150816153801j:plain

トンネル入口に「自転車に注意」の標識

 

f:id:tegekaimo:20150816153846j:plain

最近では高校生もヘルメット着用になっているそうです。

 

ぜひとも近隣の県とも連携を強化してほしいと思います。

(県境を越えると水色ラインは途切れます)

 

 

 

江川崎からR381に沿って上流へ

f:id:tegekaimo:20150816153950j:plain

 

四万十川といえば沈下橋

f:id:tegekaimo:20150816154007j:plain

トンネルが増え、道が良くなっているのですが、できるだけ

トンネルを回避し曲がりくねった川沿いの旧道を走り

 

沈下橋まで降り

f:id:tegekaimo:20150816154125j:plain

f:id:tegekaimo:20150816154137j:plain

今日の空気は昨日と打って変わってじめっと重たい。

陽射しは和らいでいるけど汗が乾かない。

 

f:id:tegekaimo:20150816154154j:plain

  

 

大正町からR439(ヨサク)を北上

 

f:id:tegekaimo:20150816154209j:plain

四万十川の支流 梼原川を遡ります。

 

木々の枝が覆いかぶさった木漏れ日ロード

陽射しがあればよいのですがやや薄暗い感じ

  

 

ダムを越えるとポツポツと

向かおうとしていた四国カルストは雲に覆われ

 

 

途中通行規制にひっかかり

 

ちょうど解除が終わりユンボが狭い国道をふさぎ

 25分通行止め5分解除

覆いかぶさった木の枝の下で雨宿り

 

徐々に雨脚は強まり

 

本降りになって解除

 

小さな集落の前に眼鏡橋 

 

少し雨宿り

 f:id:tegekaimo:20150816154233j:plain

止む気配はなく、再出発

 

木陰のおかげでずぶ濡れは免れ

途中運よく 町の小さな販売所 「あいの里まつばら」

 

助かった・・・

 

手作りの味がする弁当を食べ

 f:id:tegekaimo:20150816154313j:plain

温かいお茶を頂き

  

雨脚はさらに強まっています。

 

ちょっと様子をみよう。

 そしてしっかり補給して行こう

 

向かいのパンやさんへ

  

 シェムワ(森のパン工房) - 高知県梼原町

 

雨に降られたおかげで 

おいしいパン屋さんにと出会えた。

 

天気のいい日にまた来たい。

 

本降りの中、覚悟して再出発

R439からR197へ少しでもショートカット

左にまがり、県道26号線を

 

覚悟を決めると雨も気持ちいいものだ。

炎天下とくらべて体温が上昇しないので上りでも出力を維持できる。

 

調子が出てきた

 

軽快にダンシングで駆け上がり。

 

間もなく

後輪から 「パシュー」 

雨は降り続く

 

数百m歩き雨宿りできるところを探すも相当な山奥

 

諦めて杉の木の下でチューブ交換

 

こんな悪条件の中、速やかに完了

マビックのリムはシマノC24TLに比べて圧倒的にタイヤをはめやすい

 

R197へ合流

 

家族の待つ温泉施設へ到着

  

しかし、新しいタイヤにサイドカット4ヶ所

雨にぬれた路面は、尖った石の影響を受けやすい

サドルバッグの中のカメラも二重にしていたにもかかわらず浸水

幸い無事でした。

 

パンクの再発も無く無事到着

 

まぁいいか

 

 

走行距離 113km