Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

自転車

アクティブリカバリー

仕事が始まり2週間月曜日から土曜日まで努めて明るく過ごす。 今週の休みは日曜日のみ 幸い、今日も1月にしては暖かい自転車日和水鳥たちもポカポカ陽気で眠そうだ。 行基寺まで上り ウォーキングの影響か身体が重すぎる。 加えて冬ウェアの窮屈さ 小鳥たち…

木曽川往復

今日も風が弱い穏やかな朝木曽川沿いを北上ワイルドネイチャープラザに立ち寄り 夢中に鳴き続けるホオジロ 散歩の人が近くを通っても逃げない。 北から帯状の雲が流れ込んできた。さっきまで雨だったのか路面が濡れている。 笠松サイクリングロードを走り各…

木曽川北上 岐阜城下へ

現実へもどり仕事始めから1週間 自分の甘えへの戒めに 『壁に題す』 男子志を立てて郷関をいず 學もし成らされば死すとも還らず 骨を埋むる豈墳墓の地を期せんや 人間至るところに青山あり 村松文三 15歳 西郷どんと薩摩士風より 今日は風がほとんどなく穏や…

1/5 初ロード 彼の地で

大晦日 生誕の地で出会って tegekaimo.hatenadiary.jp 帰ったらここに行こうと決めていた。 岐阜県海津市 平田公園 1年で大工事を成し遂げ、流域の人たちを救い、今も故郷を感じさせてくれる。 春に向け力を蓄えている桜並木を抜け 津屋川近くまで東海環状線…

1/4 初乗り

1/3 17:30南予発 草津ジャンクションが渋滞の名所になっている。 1/4 2:30 愛知帰着 昼前に長年連れ添っている相棒と出かける。 年末乗り納め → 年始乗り初め そして 会社 ↔ 家 今年も頼りにしています。 街乗りスタイルでゆるりと 尾張名古屋を北上 ショッ…

冬至から回復に向かって

怪我をして、4日目日に日に回復に向かっている。 ふくらはぎ肉離れのリハビリに自転車がいいとの情報もあり 月曜日から自転車通勤も再開しようと考えていた。 パッド入りタイツにハーフパンツを重ね着 街乗りスタイルで出発 漕ぎ出しの一踏みに少し痛みが走…

長い間お疲れ様でした(バックパック)

自転車用のバックパックを新調。 初代 (写真左) ドイタースーパーバイクS 16年前 MTBで通勤するために購入 主役ではなくなったが、荷物が多い時やちょっとした山歩きに活躍 二代目 (写真右)モンベルのバックパック15 2011年10月(8年前)に購入 雨の日も…

上り納め

今年は本当に峠に上らなかった。 6/1 以来 まだ4回目今日は上り納めとしよう。 本格的な冬に近づくにつれ平野に鳥たちが増えてきた。 獲物を狙い田んぼを駆ける 真っ黒と真っ白の動物は見つけやすい。しかし見ての通りこの辺りの景色にいつも癒される。 砂底…

爽やかな空 紅葉見納め

身の引き締まる寒さ 爽やかに晴れている。 少し高い所へ 静かな行基寺 今年の紅葉も見納め 養老公園は少し賑わっている。 帰り道、おちょぼ稲荷で力餅を補給してお土産に みそ饅頭と草餅を そしてパン屋さんに立ち寄り さりげなくサイクルスタンドの先にvelo…

小春日和 リカバリーライド

金曜日未明 東京に向かう途中ラジオから尾崎豊の十五の夜が流れた。11/29は彼の誕生日 生きていたらどんな歌をうたっているのだろう? 五十を前にして精神は未だに十五の夜 2日間、夢の国ここには人が集まり、自分たちもここにいる。 海の向こうに雪化粧した…

各務原 日曜日休み

雨上がりの朝 今日は黄葉まつり サイクリングロード 木曽川橋、笠松湊公園 馴染みになってきた。 木曽川の中州、河川敷には平地の森が残っている。 おみやげに各務原でスイーツを 先日の洋菓子屋さんに続いて、日曜日休み きっと地元でも人気な店なのだろう…

各務原 河川環境楽園

素直に北へ向かい、木曽川へのルート開拓を試みる。 国府宮に立ち寄り 大江川(蟹江川の上流部?)を遡る。 犬山取水口から木津用水と宮田用水に分かれ大江幹線水路 と続く 御囲堤で木曽川の流れが矯正された後、紫の領域を潤してきた。 水の流れは少なくや…

関ヶ原から中山道を辿って

行先は決まっていない。 10kmほど走って琵琶湖まで行こうと木曽三川を渡り牧田川を遡る。 年々川底が高くなっているような・・・流れが途切れ、堆積した石の下へ伏流している。 垂井宿から中山道を辿って関ヶ原へ 静かな古戦場 遠くにいかず ゆっくり回ろ…

片知渓谷 激坂に阻まれる。

今シーズンのロングライドは最後になるだろうと前日の夜 板取川から高賀渓谷を越えて片知渓谷を下るコースを計画。 最近、岐阜城下を経由することが多く、少し周りを見渡す余裕が出てきた のだろうか 通るたびに新しい発見がある 茶所の だんごや(帰り寄っ…

富有柿

絶好の行楽日和 1日もらった。 今日は岐阜から山県へ抜けて本巣に向かうルートで朝から北西の風が吹き続け、体が冷える。 毎年この時期、揖斐川方面へ北上する時、たわわに実った柿畑の横で袋詰めされた柿が売っているすぐ皮をむいて食べたいそして買って帰…

サコッシュを掛けて(八百津から飛水峡へ)

泊まりの出張でリズムが崩れ不眠が続きいてボロボロそんな時は、とことん走るのがいい。 快く送り出してくれた妻にお土産を とサコッシュを掛けて 幹線道路で犬山へ向かう この一帯は物流の拠点になっていてトラックが多い 木津用水になかなか合流できず や…

久しぶりに西へ

午前中 畑仕事のお手伝い無農薬有機農法に触れると大地とのつながりを強く感じられる。畑には虫がたくさんいて鳥の鳴き声も近い。虫は毒の掛かっていない美味しい野菜を食べる。 慣行農法は、強力な殺虫剤で虫を殺し、除草剤で草を枯らす。 そしてその殺虫剤…

北へ(名もなき池)

雨上がり ジメッとした空気の中、北へ 岐阜城を目指すルートは相変わらず定まっていないが何となくポイントは押さえられてきた。 長良橋を渡る前に河原町の雰囲気を感じ R256の脇の旧道を北上。 武儀川に合流し 峠を越え再びR256板取川沿いを北上 ここまで来…

海へ

風に流され 木曽川河口近くから長島方面 しばらく波音を聞きながら 木曽川を渡って 長島先端 しばらく佇む ここにもデレーケの土木遺産が 勢いよく海へ流れを導いてくれるとのこと。 一昔前の干拓堤防を北上し帰路に着く 走行距離65kmAv.21.7km/h上昇高度…

ランニングコースを自転車で

波の音を聞きたいと思い南へ向かう。 走り出して5km、雨が降り始め引き返す。 北側の空は雲が薄い。また降ってきたら引き返すつもりで、 昨日ランニングしたコースをたどって名古屋城へ 堀川を下って、 円頓寺商店街を抜ける。 ランニングで流れる景色も自…

木曽川遡上 飛水峡

木津用水から犬山城を目指し 木曽川を遡る。 ロマンチック街道を東へ進み 飛騨川とJR高山線に沿って北上 七宗ロックガーデン 道の駅から すぐ先の橋から 峡谷は狭く深い さらに上流へ進む まさに峡谷 しばらく進んで折り返し 上麻生から飛騨川の支流 神淵側…

長良川遡上(神崎川→円原川)

岐阜の北から東側は、まだまだ未開の地が多い。 北へ 木曽川を渡り岐阜城を目指す。 長良橋を渡り R256に沿った旧い道、 小川をつないで北上する。 今が彼岸花のピークだろうか。 峠を越え武儀川に合流 橋の欄干には、見たこともないゲジゲジがウヨウヨ 神崎…

上り下り繰り返し

3連休は雨 と諦めていたが午前中は天気が持ちそう。久しぶりに川沿いを下り南へ 水の流れを上り下りしていると人生の流れのように思えてくる。山に降った雨が少しずつ染み出し小さな流れが集まり合流、海にそそぐ分水され田畑を潤し、汚れた水も交じり、淀…

養老山地 右回り

今日は走り慣れた道を進む 北西からの向かい風に逆らわず南へ折れる。 帰りも考慮して養老山地を時計回りすることに 強い日差しと強い風 澄んだ空 いなべへ抜け 三岐鉄道沿いを休み休み北上 阿下喜のコンビニで笹カマとおにぎりを補給 もう一つの三岐線沿い…

再び八百津

ようやく涼しくなってきたと思っていたところにぶり返す猛暑 金曜日は垣根を越えた方々との飲み会 みんな色々抱えていると思うと 少しホットした。 今日もアクティブリカバリー できるだけ遠くへ 木津用水を北上し木曽川に合流 飛騨川を遡ろうかと思いついた…

台風接近

太平洋から熱気が運ばれ真夏に逆戻りしたような天気 空は秋 のんびりと流そう 木陰でまったりと過ごし 帰路に着く 走行距離69kmAv.23.2km/h上昇高度353m

流れを伝い八百津へ

出だしから雨がぱらついている。 目的地は決めていない。雨雲を避け北東へ 都市に向かって集まる路線、道路、住宅街を抜け 田畑がちらほらと交通量の少ないであろう道を探す。 北から南へ直線的に流れる合瀬川へ合流 勢いよく流れている。 広大な濃尾平野が…

昆虫採集ライド

夏休みの自由研究小学生時代を振り返ってみると 自転車に乗ってクヌギ林へカブトムシ、クワガタはもちろん様々な虫を採っていた。 草むらからはキリギリスやツユムシと思われる声 いまだにクマゼミの声がする中、ツクツクボウシも増え ヒンヤリとした風に夏…

金華山ドライブウェイ

気の向くままに北へ 広大な濃尾平野 適当に進んでも同じ道を走っている気がする。 笠松湊公園から 木曽川右岸にサイクリングロードが伸びていた。 川面を流れる風がヒンヤリと気持ちいい 笠松競馬場の北からサイクリングロードを外れ進路を北に変え岐阜城を…

夏の疲れに要注意

お盆と台風が過ぎても猛暑日が続く。今日も熱中症危険 だんだん緑が多い所に近づくにつれ ヒンヤリとした空気が流れ、秋の気配が感じられる。 流れ落ちる水でふくらはぎをマッサージ 今年は頭からかぶることはなかった。 菊泉水をたっぷり補給 帰り道の陽射…