読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tegetege note

日々の出来事を適当に記録して行こうと思っています。

焼津みなとマラソン ハーフ

 

4/8前日、焼津に入り

駐車場の下見をした後、宿泊する藤枝の街を散策
といってもあいにくの雨
郊外のショッピングセンターや電気屋を巡り


さすがサッカー県だけあってスポーツ店のサッカーコーナーの充実ぶりは
すごかった。(藤枝市は蹴球都市宣言しているらしい)

 

夕食は駅前の居酒屋へ
この日はお釈迦様の誕生日 駅前でお坊さんから花を頂き

山が近く、川が流れているだけでほっとする。
古い商店街と駅ビルが混在していい雰囲気の街だと思った。

 

-----------------------------------------------------------------------------

4/9当日
ホテルの朝食は6:45~と少し遅く
しずおかの朝ごはんということで焼き魚にシラス、黒はんぺん、
さらにおでん 他にも食べたいものがたくさん
やめられずに・・・・つい食べ過ぎてしまった。

 

8時過ぎに焼津駅前のタワーパーキングに駐車
雨と風を予想していたけど

幸い空は明るく天気は大丈夫そう。
ただ風が生暖かい。

会場まで1kmほど歩いて

レース前に地元の治療院のマッサージとテーピングを受けられるブース
久しぶりに診てもらった。
特に左腰
すぐに腰痛になる背骨をしていると言われ


腰とふくらはぎと太ももにもテーピング (人生初めてのテーピング)

ウォーミングアップとストレッチの時間がなく

間もなくスタート

いきなり集団のペースが速い。
4:30/kmでもじわじわと抜かれていく。


この気温でスタートからのハイペース

こんな経験はない・・・

4:40~4:50/kmに落として

このまま行こう。

それにしても蒸し暑い。

しかもまた食べ過ぎた朝食が逆流してきた。

幸い身体は大丈夫

 

我慢の走りになる。

一歩一歩脚を運ぶだけ。

今回、本番で初めてターサーを履いて臨んだ。
ジャパンブーストより片足50g以上軽いがその分クッション性が犠牲になる。
そして前足部の粒粒から来る衝撃が次第に母指球あたりの違和感に変わってきた。


残り3km ペースアップする余力はなく かろうじて維持

辛抱の走りの甲斐あって
なんとかかんとか40秒自己記録更新。

初めて親指の付け根にマメができた。
ゴール後なぜかテーピングしたふくらはぎが突然攣って歩けなくなった。
テーピングをはがすと何事もなかったように復活
(足には必要なかったかもしれない)


マラソンって本当に難しいし奥が深い。


毎度の事ですが自分を整えることが大切なことを身に染みて感じられました。

 

今回も運営の方々、応援サポートしてくれた家族に感謝です。


 

走行距離 21.0975km   4:50/km

 

春ポタ

 


桜は蕾を膨らませ、木々の新芽が芽吹き春のパワーを感じる

伊吹山ヒルクライムも近い。
二ノ瀬峠はサイクリストが集中しているだろう。

一方、こちらは気分が乗らない  そんな時は
のんびりポタリング

f:id:tegekaimo:20170403210354j:plain

養老公園まで

f:id:tegekaimo:20170403210502j:plain

春のひと時に咲く花を愛で

f:id:tegekaimo:20170403210428j:plain


柔らかい日差しと爽やかな風を感じながら

 

 

 

走行距離71km
Av.22.7km/h
上昇高度276m

さらに長く

 

ロードバイク1号機は10年目を迎え、

最近は通勤仕様にして天気のいい平日に活躍中

 

3年前、2号機が来てから走行ペースはだいぶ落ちているものの
距離は23,000kmを超えてきた。

綺麗に磨きながら乗っているけど、オーバーホールしてから5年 
駆動・変速系がだいぶ消耗してきた。
上り坂でトルクをかけるとフロントインナーからチェーンが
落ちる時がある。

 

久しぶりに1号機をショップへ持ち込み点検
案の定
・チェーンは伸び
・フロントギア、リアスプロケットは摩耗
・リアエンドが少し曲がっていた。


ついこの前まで通勤も長距離も悪路もこなせるバイクに惹かれてながら
通勤途中サドルの上で考えること2週間
自転車を増やしてそれぞれの出番が減るより

長く大切に乗り継ぐ方がいいと・・・・


そして、2号機マドンのコンポーネントアルテグラ6700系10速から
6800系に乗せ換え、6700系を1号機555の105と乗せ換えることに決めた。

 

 

これでよかった。

 

名古屋城 30km走

 

朝晩の気温差のせいか真冬より冷え込みが厳しく感じる。

 

7:30 陽が昇ると熱くなるだろうと薄着(下は短パン)で


10:00 名古屋城  風が冷たく気温は上がらない。

f:id:tegekaimo:20170325202127j:plain

内堀を1周 桜はまだ蕾

裁判所を左に南下

柳橋市場を通り抜け名駅を抜け 

 

混沌とした駅西銀座を西に

清正公の菩提寺で一休みして

f:id:tegekaimo:20170325202226j:plain


中村公園でようやくウィンドブレーカーを脱ぎ


手袋が薄手だったので少ししもやけになった。


短パンはちょうどよく 太ももで冷めた手を温め

このまま帰ると27km     少し遠回りして

11:20着  30kmとした。

 

今日のペースならまだ余裕だ。

走行距離 30km 6:09/km

f:id:tegekaimo:20170325202259j:plain


今シーズンは、フルマラソンのエントリーは見送っており気負いはない。
走力は現状維持といったところだろうか?

 

4/9ハーフマラソンはベストコンディションで臨みたい。

 

 

多良峡-勝地峠 (野鳥救出)

 

連日時間をいただき本日も出動

高気圧が移動して少しは風も弱まると期待したが
北西の向かい風は吹き続ける。

春霞(PM2.5でなければいいけど)晴れていても

辺り一面もやっていて伊吹山は見えない。

 

 

f:id:tegekaimo:20170319155505j:plain

梅の花が散り始め、春の日差しは柔らかく


少し日向ぼっこして

冷たい風の吹くほうへ

 

上石津トンネル東の多良峡側へ

 

上り坂の途中に崖の方から

バサバサ っと

f:id:tegekaimo:20170319155527j:plain

崖の金網に鳥が挟まって必死に脱出しようとしている


フクロウかと思ったが鷹のようだ。

(多分ノスリ 冬場に津屋川でよく見られる鷹の仲間)


何とか助け出そうと上に誘導するも羽ばたくスペースが
狭すぎる。足を使って少し上っては落ちるの繰り返し
息が荒くなり徐々に弱ってきたようだ。


一度通り過ぎた年配のハイカーが戻ってきてくれた。

シューズを脱いで裸足になって金網をよじ登り 

挟まっている鳥の上まで
下に向かうように誘導
待っていたハイカーの方に地面側の金網を広げてもらって
脱出!!

まもなく羽ばたき 

空高く舞い上がっていった。

 

二人で連携により救出成功

 


伊勢街道を南下し いなべから多度へ抜ける予定だったが。

f:id:tegekaimo:20170319160021j:plain

進路変更

f:id:tegekaimo:20170319160032j:plain


勝地峠を越え

f:id:tegekaimo:20170319160105j:plain

 

風に乗って

f:id:tegekaimo:20170319160118j:plain

 

今日も仲間が飛んでいる。 

f:id:tegekaimo:20170319160128j:plain

 

走行距離98km
Av.24.2km/h
上昇高度529m

 

関ヶ原 戦いの名残

 

関ヶ原へ 3度目の挑戦


近づくにつれて風当たりが強くなる。


南雲大社に参拝

f:id:tegekaimo:20170318150322j:plain

境内は静かな時がながれている。

f:id:tegekaimo:20170318150335j:plain

 

 


強風で信号機もカーブミラーも揺れ

 

鯉のぼりは、元気よく風に向かって泳いでいる。

f:id:tegekaimo:20170318150350j:plain

向かい風にわずかながら上り基調 いいトレーニングになる。

 

到着

f:id:tegekaimo:20170318150436j:plain

幟が風にはためく音だけ聞こえる

f:id:tegekaimo:20170318150549j:plain

 

少しぶらっと

 

関ヶ原鍾乳洞 の手前に

 

見張り用の立哨台

f:id:tegekaimo:20170318150623j:plain

陸軍の火薬倉庫跡

f:id:tegekaimo:20170318150703j:plain

山の起伏を利用し横穴を掘っている。

 

 

未だに戦いの気が残る関ヶ原

 

 

帰りは風に乗って

 

f:id:tegekaimo:20170318150721j:plain

 

走行距離108km
Av.24.7km/h
上昇高度445m

養老山地周回

 

 風の影響を受けないように東海大橋を渡り南下
海津大橋を渡って養老線沿いを南下

 

川沿いに古い小学校の建物が

f:id:tegekaimo:20170312163324j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163345j:plain

戦前に建てられ今は廃校となっている。

 

多度大社に立ち寄って

f:id:tegekaimo:20170312163406j:plain

 

 

いつもと違うルートから いなべへ

f:id:tegekaimo:20170312163455j:plain

 

三岐鉄道 ねじり橋

f:id:tegekaimo:20170312163545j:plain

 

眼鏡橋

f:id:tegekaimo:20170312163643j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163611j:plain

 

 

にしふじわら駅を目指して鈴鹿山麓を左手に北上 

久々に遠出した感がある。

f:id:tegekaimo:20170312163711j:plain

f:id:tegekaimo:20170312163728j:plain

 

 

鈴鹿山脈と養老山地の間から

真っ白な雪の塊のような伊吹山が顔をのぞかせる。

 

伊勢街道を北上

f:id:tegekaimo:20170312163919j:plain

f:id:tegekaimo:20170312164033j:plain

 

勝地峠は趣がある。

f:id:tegekaimo:20170312164053j:plain

 

山路来て何やらゆかしすみれ草  松尾芭蕉 句碑より

 文政13年(1830年建立)

何だか雰囲気が伝わってくる。

f:id:tegekaimo:20170312164113j:plain

 

 


峠を下り 伊吹山からの吹きおろしを期待するも

f:id:tegekaimo:20170312164146j:plain

南からの向かい風 

 

弱くても抵抗が大きく感じる。

 

路肩にはオオイヌノフグリ
黄色いタンポポも咲き始めた

 

津屋側の鳥たちもそろそろ帰る時期だろうか

 

 

f:id:tegekaimo:20170312164205j:plain

f:id:tegekaimo:20170312164245j:plain

 

昨年12月3日以来、久々の100km越え


走行距離117km
Av.24.5km/h
上昇高度793m